日三鋳造所(日本)直径約2.7cm
ベーゴマは『ばい貝』の貝殻に砂や粘土をつめてそれを子供がヒモで廻したのが始まりと言われており、その貝の形に一番近いのがこの≪丸六≫です。≪高丸六≫とも呼ばれます。東京六大学のイニシャル『H・K・M・R・T・W』が刻まれています。

ベーゴマは昭和40年代以降に生まれた方にはあまりなじみのない遊び道具かもしれませんが、今でも埼玉県川口市にある日三鋳造所という鋳物工場で作り続けられており、このベーゴマはその工場でつくられているものです。

このベーゴマは鉄の鋳物でつくられており、昭和の時代に人気のあった野球選手や力士、プロレスラーなどの名前などがその上面に印されているものが多くあります。

現在作られているベーゴマには形や大きさにいくつか種類があり、それぞれに特徴があります。一般的に背の高いベーゴマより背の低いベーゴマのほうが、また小さい(軽い)ベーゴマより大きい(重い)ベーゴマのほうが強いのですが、背が低く大きいベーゴマは上手に回すのが最も難しいのです。

最初は何よりひもが巻けなければならないのですが、ベーゴマにひもを巻くのにはちょっとコツがいります。ひもを巻きつける部分の勾配がきつくて大きいほうが巻きやすいので、まずは背の高い大きめのベーゴマからどうぞ。回せるようになったら何種類かそろえて回し比べてみるのもおもしろいかも。

●1個の価格です。模様・文字のご指定は承ることができません。ひもは別売。
●最初は触ると黒く汚れますのでご注意ください。
●現在こちらの商品のラッピングは承っておりません。


↓まわし方もご覧いただけます
= 0; if (agreed) { // 同意済み Cookie があればスルー return; } var banner = $('
'); banner.attr('id', 'gdpr-banner'); var label = $('

'); label.html('\ ライブドアブログでは広告のパーソナライズや効果測定のためクッキー(cookie)を使用しています。
\ このバナーを閉じるか閲覧を継続することでクッキーの使用を承認いただいたものとさせていただきます。
\ また、お客様は当社パートナー企業における所定の手続きにより、クッキーの使用を管理することもできます。
\ 詳細はライブドア利用規約をご確認ください。\ '); banner.append(label); var closeButton = $('